関東地方 ( JR )

 

JR東日本

 

 

E231系500番台

山手線用の通勤電車
JR東日本の主力が数が多く、東京圏内の殆どが
このタイプの車両を見かける事がある。

E231系

東海道本線を走る近郊型列車。

113系、211系の置換えを目的に導入された。
グリーン車を連結している。
また、このタイプの車両は湘南新宿ライン、宇都宮線、
高崎線でも見かける等、範囲を広げている。

E233系1000番台

京浜東北線用の通勤電車
209系の置換えを目的に導入された。
E231系に変わる、新型の通勤電車であり、
他の路線でもこのタイプの車両で走行している。

E217系

総務・横須賀線用の近郊型列車。

113系の置換えを目的に導入された。
車両の殆どはロングシートであるが、
グリーン車を連結している。
また、東海道本線でも塗装を変更した上で、
運行している。

115系

群馬県等で走る近郊型電車。
113系が基であるが,山岳地帯の走行に備えた
出力の強化や耐寒機能を持つ。 つまり,山岳地帯を
目的とした車両であるが,山陽本線等,それ以外の
場所でも運用している。 JR東日本の他に,
西日本,第3セクター鉄道でもこの車両を所有する。

キハ110系

ローカル線を中心に運行する普通用気動車。
ローカル線の利便性向上を目的に製造。
両運転台の1両編成であるが,
片運転台の2両編成も存在する。
また車体の長さが16mの小型車には,
キハ100系として分類する。

185系

1981年に製造された特急列車。
主に「踊り子」や「あかぎ」を中心に運用。
特急でありながら通勤列車の様な構造をしている。
最高速度は110kmと他の特急列車に比べ遅め。

107系

群馬県等で走る通勤電車。
両開きの3扉に2両編成が特徴。
幅広い編成を組む事で輸送状況に対応出来る。
この車両が登場する前は急行型列車の165系が
運用されていたが,老朽化や輸送過剰,通勤時間帯の
乗降の不便さ等の幾つかの問題があり,
それを解消する目的製造された。

189系
碓氷峠という難所に対応する為に開発された特急列車。
183系を基にしている。
電気機関車と協調して碓氷峠を上り下りする。
長野新幹線を開業を機に撤退,現在は
『ホリデー快速富士山』等で活躍する。

E231系500番台

中央・総武緩行線用の通勤電車。
元は山手線用の車両。 今後の新型車の増備に
合わせ,当線に移った。

211系
1986年製造の近郊型電車。
大都市の輸送改善目的に投入。
車体をステンレスにする事により,製造コストを収縮。
完成度が高く,地域に応じて様々なタイプを持っている。
かつては東海道本線の主力であったが現在は引退。
写真の車両は中央本線や篠ノ井線で運用。

209系3000番台

八高線用の通期電車。
電化開業を機に投入。
209系は老朽した通勤車両の置換えと
製造コストを抑える目的で製造。
非常に完成度が高かった為,これを基にした車両を
製造させる等,鉄道業界に多大なる影響を与えた。

E531系
2006年製造の近郊型電車。
長年走っていた既存車両を置換えるべく投入された。
E231系の基にしながら、電流の区間が異なっても
走行できる性能を持っている。
「つくばエクスプレス」の同年開業を見据えて、
最高時速は130kmとかなりの最速。

E231系

常磐線用の近郊型電車。
各駅停車向けでありながら15両編成と長大である。

 

戻る