近畿地方 ( 公営・民営 )

 

京都市交通局

10系

地下鉄烏丸線用の地下鉄電車。
1981年に製造。 額縁の様な前面が特徴。
当初は4両編成であったが,竹田延伸時に
6両編成化された。

10系

地下鉄烏丸線用の地下鉄電車。
此方は登場から暫く立って製造されたもの。
初期と違い,丸みに帯びた前面が特徴。
また,貫通扉に窓や側面に
行先表示機を備え付けている。


京福電気鉄道(嵐電)

モボ2001形

2000年製造の路面電車。
現在のところ,最新の車両である。
他車両の連結が不可能な為,2両編成時は
同車両と連結する。

モボ501形
1984年製造の路面電車。
京福初の冷房搭載車両。 
扉が中間寄りに移しているが特徴。

モボ611形

平成時代に入った頃から製造された路面電車。
機器の流用品を使用している。
他にモボ621形やモボ631形と派生車両が存在。

モボ101形
1929年製造の路面電車。
京福の中では最も古い車両であるが,
台車や車体を更新する事で現在も走り続けている。


京都丹後鉄道(北近畿タンゴ鉄道)

KTR8000形

1996年製造の特急列車。
元々大阪と丹後を結んでいたが,現在は
京都と丹後間と運用が様変わりしている。

KTR700形

1989年製造の普通気動車。
軽快気動車でありながら大型のサイズを持つ。
後に「あかまつ」等,様々なリニューアル車両が存在する。
トイレが備えていない車両はKTR800形として区分する。


阪急電鉄

8000系

神戸・宝塚線用の通勤電車。
平成初期に製造された列車であり、それまでの
前面デザインを大きく変えた車両でもある。
一部の列車に宝塚・神戸方面の2連に、
クロスシートを備えたものがある。

9300系
京都線用の通勤電車。
6300系を置き換える目的で製造された。
主力の特急として活躍。 車内はクロスシート。

2300系

京都線用の通勤電車。
昭和時代に製造、当初は高性能車両として知られていた。
前面方向幕無しの車両が嵐山線で活躍していたが、
6300系の嵐山線転用に伴い、運用から外れ,
本線でも新型車両の置換えに伴い,姿を消す。

6300系
京都線用の通勤電車。
昭和時代に製造、嘗ては特急の主力として活躍。
しかし、老巧化と9300系の大量投入に伴い、
現在はリニューアル改造を経て嵐山線で活躍している。
一時は本線は撤退したものの、観光特急用として
リニューアルを行い、土曜休日に再び本線で見られる。
1000系

宝塚・神戸線用の通勤電車。
省エネルギー化と静かさを実現する為に製造。
騒音や消費エネルギーが他の車両に比べ
大幅な削減を実現した車両である。

9000系

宝塚・神戸線用の通勤電車。
バリアフリー向上を目指して、9300系より後に製造。
外観は9300系と同様であるが、車内は
ロングシートとし、また座席には仕切りを設けている。

7000系

宝塚・神戸線用の通勤電車。
昭和の頃に大量に製造された車両であり、
特に神戸線では殆ど、この車両を見かける事が多い。

8300系

京都線用の通勤電車。
8000系の後に製造。
7300系との連結が可能になっている。

5100系

宝塚・神戸線用の通勤電車。
この系列から冷房装置設備車両の量産が始まった車両。

5300系

京都線用の通勤電車。
堺筋線乗入れ対応の8両編成と、乗り入れを
行わない7両編成が2種類存在する。
先頭車の行先表示機の大型化等、
リニューアル改造された編成が多い。

5000系

神戸線用の通勤電車。
3000系を基に山陽線直通対応の為に製造。
直通運転終了後も阪急線内で活躍。
全編成に前面窓の拡大や,時代に相応した
設備更新等,大規模なリニューアルを行った。

1300系

京都線用の通勤電車。
1000系を京都線専用にしたもの。
普通から特急まで幅広い運用をこなす。

3300系

京都線用の通勤電車。
地下鉄堺筋線への直通運転を行う為に製造。
また本線でも普通や準急を中心に運用。
内装をリニューアルした車両や7両編成が存在する。

7300系

京都線用の通勤電車。
8両編成と増結を目的とした2両編成が存在する。
地下鉄堺筋線への乗入れに対応。

3000系

1964年製造の通勤電車。
当時,架線電圧の昇圧に対応する為に製造。
永らく神戸線や宝塚線で活躍していたが,
1000系の大量投入で現在は伊丹線のみ活躍。

6300系

京都線用の特急列車。
9300系の登場で一旦は引いた身であるが,
2011年に観光客向けに特化した列車として
当線に再び姿を現す。 愛称は『京とれいん』。


能勢電鉄

1700系

1990年に営業運転を開始した電車。
阪急から2000系を譲渡され改造を受けた。
現在の阪急同様マルーン塗装が施されるまでは、
何度も塗装変更を繰り返していた。

5100系

2015年に導入された電車。
阪急から5100系を譲渡され、方向幕表示機の
フルカラーLED化やワンマン対応、
ヘッドライトのLED化等の大幅な改造を受けている。


近畿日本鉄道

23000系

1993年製造の特急列車。
当時は伊勢スペイン村へのアクセスする為に製造。
「伊勢志摩ライナー」という愛称名がつく。

5800系

1997年製造の通勤電車。
通勤時間帯の収容人数の確保と昼間時間帯の閑散時の
二つの需要を応える為に製造。
運転台に備えられたスイッチにより、混雑時には
ロングシート、閑散時にはクロスシートと、
輸送形態に応じた画期的な車両とも言える。

9820系

奈良・京都線用の通勤電車。

30000系

1978年製造の特急列車。
「ビスタカー」と呼ばれ、中間車2両に2階建て車両が組み込まれているのが大きな特徴である。 平成時代に、サービスの向上の為、リニューアル改造されて今の姿となる。

22000系

1992年製造の特急列車。
老朽した特急列車の置換えを目的に、
新タイプの標準特急車両として製造。
4両、2両編成であり、きめ細かい編成を組む事が可能
であり、様々な需要に応じて対応されている。

12200系

1967年製造の特急列車。
当時、東海道新幹線の開業によって利用客が減り、
大打撃を受けた近鉄が、サービス向上で
利用客を取り戻す為に製造された。
特急車両の中では最も大量の製造されている。

5200系

1988年製造の通勤電車。
長距離急行のサービス向上の為、製造。
3扉で車内は転換式クロスシート。

21000系

名古屋と大阪を結ぶ特急列車。
名阪ノンストップ特急のシンボルでもある。
後に21020系の登場で、設備向上の為に
リニューアル工事を実施し、現在も活躍中。
愛称名は「アーバンライナー」。

8810系

京都・奈良線用の通勤電車。
製造コストを抑えながらも高速運転を行う目的として
開発が進められ、増備を進められたのが、
この車両である。 4両編成のみの運用。

2610系

名古屋線、大阪線用の急行用列車。
4扉でありながら長距離輸送を行う目的で製造。
当初は2600系から始まったが、
後に冷房装置が付く2610系が登場した。
座席転換の出来ないクロスシートであるが、
リニューアル工事でロングシートに施されたものや、
座席をロングシートやクロスシートに転換出来る
L/Cカーが存在する。

3200系

京都・奈良線用の通勤電車。
京都市営地下鉄烏丸線の相互直通用を目的に製造。
またこの時から通勤車の標準カラーをマルーンと
ホワイトの2色を採用され、一新した。

22600系

2009年製造の特急列車。
22000系のバージョンアップ版。
前面では丸みが大きく帯びた曲面をしている。
電源コンセントを装備しビジネス客の利便性が向上した他、
トイレに温水洗浄装置を設ける等、画期的。
30000系等、他車両の併結運転も可能。

5820系

2000年製造の通勤電車。
5800系を基にしながら,走行機器の変更や
塗装の一新など,次世代に相応しい車両。
奈良線や京都線,大阪線で活躍中。

8000系

京都線や奈良線等で走行する通勤電車。
大昔,新生駒トンネルの開業で大型車での通行が
可能になった事から,車体の短い旧型車の置換えを
目的に1964年に製造された。
他に8400系や8600系,8800系など
本系列の改良型が存在する。

1220系

1987年製造の通勤電車。
制御機器の試作として投入された車両を基に、
量産型として製造された。

7000系

1986年製造の通勤電車。
東大阪線開業を機に投入された。
大阪市営地下鉄中央線に乗入れており、
性能などではそれに準ずる。

9200系

1983年製造の通勤電車。
8810系の増備車としてこの系列が加えられた。
当初は3両編成が基本であったが、
重要の変化に伴い4両編成化された。

3220系

京都・奈良線用の通勤電車。
次世代の通勤車として2000年に製造された。
京都市営地下鉄烏丸線の相互乗り入れに対応しており、
烏丸線に直通する列車の運用があるが、
稀に近鉄線内で完結する区間列車の運用がある。
製造当初は近鉄奈良駅までの直通急行の
運転開始を記念して一部編成に
京都と奈良をモチーフとした

ラッピング塗装が施されていた。


京阪電気鉄道

 

3000系

京阪本線用の通勤電車。
2008年の中之島線開業に伴い、快速急行用として製造されたが、現在は本線の特急として充当されている。
車内はクロスシート。

旧3000系

京阪本線用の特急電車。
昭和時代に長らく、テレビを備えた特急列車であったが、
8000系の登場に伴い、1編成を残したまま活躍を
続けたが、老巧化に伴い、2013年春季に引退。
1編成の時に二階建て車両が組み込まれていた。

8000系

京阪本線用の特急電車。
旧3000系を置き換える目的の為に製造された。
二階建て車両を組み込んでおり、特急料金不要で
ありながら、室内環境が良く、好評である。

13000系

2012年製造の通勤電車。
元々は宇治線用の新型であったが,
後に本線用でも投入。 
徐々に通勤の主力になりつつある。

7200系

京阪本線用の通勤電車。
初めて、車内にLEDの案内表示機を搭載した車両である。
尚、この顔つきは後に800系や9000系、10000系にも
受け継がれている。

7000系

京阪本線用の通勤電車。
6000系の後継であるが,前面形状を直立とした
デザインになっている。
編成数は他系列の比べ少数であるが,
制御機器などは後の新型車両へと受け継がれている。

2200系

1964年製造の通勤電車。
全車両をモーターを取付,加速能力を向上した
2000系という車両が存在していた。 
それを,急行用として改良した形で投入。
現在は普通から急行と幅広い運用をこなす。

2400系

1969年製造の通勤電車。
関西初の冷房車として投入。
2200系を基にしている為,同様の性能を持っている。
車体改修工事で貫通路の窓が大きくなる等,
様々な改良を施している。

 

1000系

1977年製造の通勤電車。
旧型車両の台車等を利用して新造された。
後に貫通扉の窓の拡大など改修工事が施された。

2600系

1978年製造の通勤電車。
旧型車両の台車などを流用して新造された。
4両や5両,7両など多彩な編成を持つ。
かつては宇治線の主力であった。

9000系

1997年製造の通勤電車。
当初は特急の通勤ラッシュ時間帯の混雑緩和を
目的に投入。 3扉で車内セミクロスシート。
現在は新塗装化と共に車内をロングシートに
する等,改造を施している。

5000系

1970年製造の通勤電車。
混雑を解消する為,全車5扉にされている。
昼間は3扉車として運行するが,ラッシュ時間帯は
一部の座席が上部へ格納され,5扉車として
その特性を発揮する。


大阪メトロ

新20 (21) 系

御堂筋用の地下鉄電車。
1990年から製造、大阪の地下鉄において
代表する車両であり、当線のみならず、他線で
この車両を見かける事が出来る。

23系

四ツ橋線用の地下鉄電車。

22系

千日前用の地下鉄電車。

22系

谷町線用の地下鉄電車。

66系

堺筋線用の地下鉄電車。
旧式車両の置換え目的に製造された当線標準車両。
近年、中にはリニューアル更新したものも存在する。
阪急線では、高槻市や北千里まで直通しているが、
一時期は京都の嵐山まで延ばした事もある。

10系

御堂筋線用の地下鉄電車。
昭和時代に作られた旧式の車両。
それでありながら、リニュアール工事を行う等、
現在も主力として活躍中。

70系

鶴見緑地線用の地下鉄電車。
日本初のリニアモーター駆動の量産車である。
車体は小型にする事で
路線の建設費を抑えている。

80系

今里筋線用の通勤電車。
鶴見緑地線に次ぐリニアモーター駆動車両である。
70系を基に造られている。


阪神電気鉄道

8000系

阪神線の通勤電車。
当時、阪神の前面形状の印象を大きく
変えた車両でもあった。 全車両リニューアル改造が
行われ、9300系同様の塗装が施されている。

1000系

阪神線の通勤電車。
阪神なんば線の延伸開業に見据えて製造された。
それを目的とした車両であるが、梅田駅でも見られる。

5500系

阪神線の通勤電車。
普通用でありながら、高性能な加速力、減速力を持つ。
その特徴からか、『ジェットカー』とも呼ばれる。
阪神・淡路大震災の時、多くの車両が被災により
廃車された。 それを補う為、この車両を登場する予定の
時期を変更した経緯がある。

7861・7961形

武庫川線用の通勤電車。
昔、大混雑の要因となった多数の小型車の現状を
改善する目的で製造する。
製造時期が長く,編成によっては片開きと両開きの
2種類が存在する。
輸送改善を果たした車両であるものの,老朽化と
後の新車の投入で本線上から姿を消した。
現在は2両編成で武庫川線の主力として活躍。

9300系

阪神線の通勤電車。
急行用の車両。 先頭の2両はロングシートだが,中間の4両はセミクロスシートとなっている。
車体の塗装を一新しており,後に8000系も
この系列と同等の塗装が施されている。

5000系

阪神線の通勤電車。
普通用の車両ありながら,加速力・減速力と性能面優れており,その事から『ジェットカー』の愛称が付く。

5700系

2015年製造の通勤電車。
『ジェット・シルバー』という愛称を持つ。
普通列車の中で最も省エネが進んでいる車両でもある。

9000系

1996年製造の通勤電車。
阪神・淡路大震災で廃車した車両を補う為に投入。
軽量のステンレス車体が特徴。
現在はリニューアル改造が施され,近鉄線でも
姿を見せるようになる。


南海電気鉄道

50000系

難波と関西空港を結ぶ専用の特急列車。
関西空港を開業により、アクセス目的の為製造。
奇抜な前面デザインで、多くの人々にインパクトを与えた
車両でもある。
愛称名は「ラピート」。

10000系

難波と和歌山を結ぶ専用の特急列車。
7000・7100系との連結が可能。
愛称名は「サザン」。

8000系

南海本線用の通勤電車。
JR東日本のE231系の部品を採用する等、
製造コストを削減した車両である。
特急列車の12000系と連結が可能。

30000系

難波と極楽橋を結ぶ高野線の特急列車。
山岳区間乗入れの為、他の車両に比べ、
車両のサイズは小さめである。
高野山へ向かう「こうや」専用であるが、
橋本まで向かう「りんかん」も使用される。

7000系

南海本線用の通勤電車。
1963年製造。 片開きの扉が特徴で,
昭和時代の主力車両であった。
しかし,後継車両の投入や老朽化により
2015年に引退。 それを記念して,車体の塗装を
当時のものに塗り替えた。

7100系

南海本線用の通勤電車。
7000系のマイナーチェンジ版。
特急サザンから普通,支線でのワンマン対応と
幅広い運用を担う。 7000系とは違い今でも現役

6000系

南海高野線用の通勤電車。
当時、高野線沿線で住宅開発が進み短い車両では
輸送力に劣っていた為、大型の通勤車両を
投入する為に1962年に製造。
オールステンレスの20m車で片開きドアを採用。
普通から急行まで幅広く運用するが大型車で
ある為に高野山へ直通が不可能。
今でも現役だが、新型車への置換えが決定されており、
引退の時期が迫りつつある。

6300系

南海高野線用の通勤電車。
1970年製造。 6000系同様オールステンレス車体
であるがドアを両開きや側窓を一段下降式と
仕様の変更がなされている。
元々は6100系という形式であったが、
車両運用や乗り心地の悪さなど不評があり、
改善の為に改造を施され今の形式になった。
今でも現役だが、6000系同様
新型車への置換えが決定されており、
引退の時期が迫りつつある。


北大阪急行電鉄

8000形

南北線用の通勤電車。
『ポールスター』という愛称で親しまれている。
御堂筋線と繋がっている為、直通を行う事が出来る。
内装は木目調に緑色のロングシートと
阪急に似せている。

9000形

南北線用の通勤電車。
『ポールスターU』という愛称で親しまれている。
箕面方面への延伸を見据え,増備の為に製造,
2014年に運用開始する。
8000形同様,阪急に類似した内装になっている。


神戸電鉄

5000系

主力の通勤電車。
2000系を基に全車を電動車にさせている。
最も保有車両の多い系列になっている。

3000系

神鉄線の通勤電車。
1973年製造。 アルミ合金製の車体が特徴。

2000系

1991年製造の通勤電車。
公園都市線開業と同時に投入。
3000系以来の製造で,外観が大きく変わっている。

6000系

2008年製造の通勤電車。
神鉄初のステンレス製。 LED式の行先・種別表示機や
車内に液晶ディスプレイの搭載など搭載している。


泉北高速鉄道

7000系

1996年製造の通勤電車。
老朽化した車両の置換えを目的に作られた。
6両,4両,2両と編成は様々で増解結し易い
仕組みにする事で,状況に応じた運用が可能。

7020系

2007年製造の通勤電車。
3000系老朽による置換えを目的に製造。
7000系を基にしているが,貫通扉の変更等,
前面形状が変わっている。
それでも7000系と併結が可能。

3000系

泉北線唯一のステンレス車体を持つ車両。
新型車の投入で初期に製造された編成から
廃車が進行,余剰になった一部の編成は
南海電鉄に譲渡している。

5000系

1990年製造の通勤電車。
泉北線唯一の前面貫通扉の付かない車両である。


山陽電鉄

5000系

1986年製造の通勤電車。
旧型車両置換えを目的に製造。
直通特急等,優等列車を中心に運用。
まさに山陽の主力車両とも言われる存在。
製造は長期に渡り,後に機器及び車内設備の変更を
施した車両は5030系と分類される。

3000系

1964年製造の通勤電車。
3扉で車内はロングシート。
5000系と共に山陽の主力車両である。

3000系

1986年製造の通勤電車。
此方はアルミ合金製の車体を持つ。

6000系

2016年製造の通勤電車。
3000系を置換える目的で投入。
車内はロングシート,ディスプレイ式の案内表示装置,
半自動ボタンの設置などを施している。
2編成と連結する事で阪神本線の直通運転に
対応する事が可能である。


神戸市交通局

1000形

地下鉄線開通時から製造された最古参。
当時の最新技術を取り入れたり,地下鉄初の冷房を
備えるなど,画期的な車両だった。
最も古い車両であるが,長く増備が続いた事もあってか,
保有車両数の中では最多を誇る。

2000形

1998年製造の地下鉄電車。
北神急行線の直通運転開始する時期に投入。
1000形を基にしながら,外観を大幅に変更された。

3000形

1993年製造の地下鉄電車。
西神・山手線で現在のところ最新型である。
他形式と比べ,最も省エネが進んでいる。

5000形

2001年製造の地下鉄電車。
海岸線開業時に投入。 リニアモーターを
採用しており,車体が小さい。 ワンマン運転対応。


北神急行電鉄

 

7000系

1988年北神線開業時に投入された通勤電車。
神戸市営地下鉄西神・山手線に乗り入れが可能。
外観は神戸市交通局2000形に準じる。

 



信楽高原鐵道

SKR200形

1987年製造の気動車。
出入口扉が折り戸とバスを彷彿させる。
新車投入で引退後,紀州鉄道へ譲渡されている。

SKR300形

1995年製造の気動車。
2015年に紀州鉄道へ無償譲渡された為,
当線には現存せず。

 

SKR310形

2001年製造の気動車。
増備目的で投入,SKR300形と同様の外観を持つが,
ディーゼルエンジンやブレーキと機器の変更が
なされている。

 


戻る